ヒレグロベラ

スズキ目ベラ科タキベラ属

2022.6.17:投稿



【分布域】伊豆諸島、小笠原諸島、硫黄島、高知県柏島、屋久島、琉球列島。
【生息域】水深20m前後の潮通しの良い岩礁やサンゴ礁外縁斜面に生息。単独で活発に泳ぐ姿が多く見られる。
【特徴】白地の体色に細い橙色の縦線が多数入る。体側の後半には暗色の太い斜帯が尾鰭下部まで伸びる。雌雄の色彩の差はほとんどない。体長約35㎝とやや大きくなる。
【識別ポイント】成魚・幼魚共にキツネベラに似るが、本種の成魚は暗色の斜帯が体側後方にあることで識別は容易。幼魚は本種には黒色の帯が2本あり、腹鰭が黒色。キツネベラ幼魚は黒色の帯は1本で腹鰭は白色。



「ストーカー」

相手がヒレグロベラではなく人間だったら、間違いなく私は現行犯逮捕されていたと思う。
「ストーカー規制法」の対象となるのは「つきまとい等」や「ストーカー行為」 笑

2018年に行った石垣島では、自分が予てから撮りたい”課題”の魚に、かなり執拗に粘り強く食い下がった。
結果、いい写真が撮れたかと言うと?? そこは必ずしも一致しない。


海の中のアイドル・キツネベラの幼魚(別名:黒パンツ)には今までかなりの回数会って来た。しかし、そのキツネベラの幼魚に似た本種ヒレグロベラの幼魚には未だに1度も会ったことがない。当然写真もない。


参考写真:同じ海での写真。上の写真とは別個体。
2018.11 @石垣島 名蔵湾 スモールワールド

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2018.11.23 #751

撮影ポイント

石垣島 名蔵湾 スモールワールド

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA