ヤスジニセモチノウオ

スズキ目ベラ科ニセモチノウオ属

【分布域】八丈島、小笠原諸島、高知県柏島、屋久島、琉球列島。
【生息域】潮通しの良い水深10〜20m付近の岩礁域やサンゴ礁域に生息。礁斜面などの枝状サンゴの周辺、砂礫底などで見られる。サンゴの外へもよく出てくる。
【特徴】体側に7〜8本の赤色ないし紫色の縦線がある。背鰭、臀鰭、尾鰭は透明感のある黄色。ここにも線が入る。体長は4cm位のものから12cm位のものもいて、ニセモチノウオ属の中で最大。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2020.09.23 #918

撮影ポイント

小笠原 西島 西島東磯

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA