ネッタイミノカサゴ

カサゴ目フサカサゴ科

HP公開前投稿


胸鰭の鰭膜は先端までない。先は糸状になっている。胸鰭の根元には黒(青)の斑紋がある。この辺が本種の特徴。

体は茶と白の横縞模様。
単独で岩陰の隙間などに身を寄せて居る。

よく似たキリンミノカサゴは胸鰭の鰭膜が先端まである。但し幼魚は鰭膜の先が少し伸びていて種を判別する際紛らわしい。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2012.08.03 #292

撮影ポイント

Bohol Sanctuary

使用機材

Olympus XZ-1

幼く小さな個体。

 

目から伸びる皮弁もネッタイミノカサゴの特徴。
他のフサカサゴの仲間(ミノカサゴやキリンミノ等々)同様、背鰭に強い毒を持っている。
決して触れてはいけない。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2018.11.20 #747

撮影ポイント

井田

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

ほぼ動かないでじっとしているが、時にフワフワ漂っていることもある。
夜行性。

和名に漢字が当てられていて「熱帯簑笠子」 英名は「Spotfin lionfish」 どちらも分かり易い。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2018.05.04 #697

撮影ポイント

宮古島 アントニオ・ガウディ

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA