コガシラベラ

スズキ目ベラ科ニシキベラ属

2021.9.16:投稿



【分布域】南日本の太平洋岸、小笠原諸島、琉球列島。
【生息域】岩礁域やサンゴ礁域に生息。礁外縁で普通に見ることができる。生息水深は浅い。
【特徴】雄相は頭部は青緑色で眼の後方と下方に2本のピンク色のラインがある。また鰓周辺は黄色斑紋(帯)がある。黄色斑紋の後方は地色が濃いピンク色でブルーの細かい横縞を持つ。派手で美しいが個体数は少ない。雌相は雄相と同じく頭部に2本のラインを持つ。胸鰭付近は黄色い。体側には細かい横縞を持ち体地色は青緑色に近い。尾鰭両葉は橙色。幼魚は体側中央と背面に幅の広い2本の黒色の縦帯を持つ。腹部や尾鰭周辺は橙色。



コガシラベラ 雄相

ベラ科の魚の雌相か雄相を判断するのは難しい。
図鑑『ベラ&ブダイ』に掲載されている数枚の写真を参考にすると、この写真の個体は「雄相」として掲載されている写真に酷似してはいる。しかし、バリバリの雄相は違った色彩をしている。


伊豆大島で「初見の模様の魚」だと思い粘って撮った。ぼやけて一緒に写っているのは雌相。
ふっと我に返った時は仲間は先に行っていた。それなりの時間を費やしたようだ。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2021.09.05 #1036

撮影ポイント

伊豆大島 王の浜

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

中央に写っているのはオキナワスズメダイ。

 

ここでは周りにいるコガシラベラの雌相に注目して欲しい。幼魚に似ているが横縞が現れている。
(改めて言うまでもないが、オキナワスズメダイを撮った写真を転用している)

 

ただ、冒頭の【特徴】に書いた雌相の特徴とは異なる。
雄相でも触れたが、図鑑『ベラ&ブダイ』に掲載されている「コガシラベラ雌相」と表記されている4枚の写真はそれぞれ全く違う。
雄相も同じく何種類かのタイプの写真が掲載されている。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2015.09.20 #511

撮影ポイント

沖縄本島 万座 ドリームホール

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コガシラベラ 幼魚

 

この幼魚は泳ぎ回っておらず撮りやすかった。
雄相や雌相に比べて、幼魚は判別するのも楽だ。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2018.11.03 #743

撮影ポイント

八丈島 ナズマド

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コガシラベラの群れ

 

2012年初めて行った西表島での1本目。
ブリーフィングで「コガシラベラの群れ」を紹介された。そして青い海の礁外縁でのコガシラベラの群れは見応えがあった。
初めて聞く名前で”コガシラベラ”なのか”コガラシベラ”か覚えられなかったことが懐かしい。
写真を今改めてみると、群れには雄相も雌相も混じっている。当時は「雄相、雌相」など考えも及ばなかった。

 

参考写真:同じ時の1枚。
ややアップで撮った写真。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2012.05.04 #276

撮影ポイント

西表島 仲の御神島 東の根

使用機材

SONY Cyber-shot (DSC-WX1)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA