カザリキュウセン

スズキ目ベラ科ホンベラ属

HP公開前投稿


カザリキュウセン 雄相

○○キュウセンと言うからには、
「キュウセン」(ベラ科キュウセン属)の仲間と思いきや、
「キュウセン」以外の○○キュウセンは全て(ベラ科ホンベラ属)だった。
びっくり!!!

酷似した種類があり見分け方が面倒?大変?
ネイチャーウォッチング・ガイドブック「ベラ&ブダイ」を参照すると
目の後方が黄色く、目の下のラインが湾曲、尾鰭先端中心に黒い斑紋(場所によっては無いものも)
(上記書籍の内容から一部抜粋)

カザリキュウセンの分布域は和歌山県以南〜琉球列島、小笠原諸島。岩礁域やサンゴ礁域に生息する。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2013.05.05 #358

撮影ポイント

奄美大島 倉崎ビーチ

使用機材

Olympus XZ-1

カザリキュウセン 雌相

 

背鰭前方と中央、尾柄部に3つの眼状斑(背鰭中央の斑は青)
臀鰭には2〜3本のライン
「ネイチャーウォッチング・ガイドブック ベラ&ブダイ」からの転載です。
イラスト入りで説明されています。
私の愛読書。お勧めです。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2018.11.22 #748

撮影ポイント

石垣島 ネオンポイント

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

カザリキュウセン 幼魚

 

眼状斑の数、位置は雌相と同じ
臀鰭に2〜3本のラインも同じ
幼魚独自の特徴は体側ラインの上に白い途切れる点列。
「ベラ&ブダイ」参照。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2019.03.23 #779

撮影ポイント

Palau St.Cardinal

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA