ホウセキキントキ

スズキ目キントキダイ科

2021.2.12:投稿

ホウセキキントキの日本での分布域は南日本の太平洋岸、伊豆諸島、小笠原諸島、琉球列島。

私が本種ホウセキキントキに会ったのは小笠原の海。

小笠原の中でも特に人気のポイント「マグロ穴」は、ケイタ列島の最南端の嫁島にある。その同じ嫁島にあるポイント「コラールガーデン」では、ホウセキキントキに毎回会うことが出来た。いわゆる根魚なのだろう。

潮通しの良い開けた岩礁の水深20m以深や、サンゴ礁域の浅場、そしてサンゴ礁外縁の深場などに生息。昼間は不活発で岩やサンゴの薄暗い陰に単独で隠れていたりする。大きな群れも見られる。体長約30cm程の中型種。小魚や甲殻類を捕食する。


本種の特徴は、尾鰭が湾入していてその上下両葉は成長に伴い伸長する。各鰭には斑紋が無い。これらの点が同じ科の別種との判別ポイント。体に対して眼は大きく、口はかなり上向き。


参考写真:昼間でも岩陰ではない所へ出没していることもある。存外、昼間に開けた場所でもしばしば見かける。人間も朝型の人も居れば、夜型の人も居る。ホウセキキントキは基本夜行性のようだが、色々な行動パターンがあっても不思議はない。人間なら「夜遊び」ホウセキキントキなら「昼遊び」だろうか。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2016.05.06 #545

撮影ポイント

小笠原 嫁島 コラールガーデン

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

ホウセキキントキは体色をよく変化させるようだ。写真の個体のように横帯が現れることもしばしば。
時には、白色ベースの体色にもなるらしい。

 

白色の体色では名に偽りあり??
ホウセキキントキの名前だが「ホウセキは宝石」「キントキは金時」らしい。
宝石でも真珠は白色、エメラルドは緑色、トパーズは黄色、サファイアは青色。しかし、ここでの「宝石」はルビーを指すようだ。ルビーは赤色。
「金時」は坂田金時のこと。この人物の幼名が金太郎で昔話や童話の主人公として有名。童謡は「まさかり担いで金太郎〜♪」 この金太郎の赤い体が命名の理由らしい。(因みに、歌舞伎では金太郎ではなく怪童丸)  

 

参考写真:ホウセキキントキの名前の由来になった赤い体の金太郎の画

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2017.05.05 #623

撮影ポイント

小笠原 嫁島 コラールガーデン

使用機材

Olympus XZ-1

のんびりコラールガーデンを流している時、いきなりホウセキキントキの群れに出くわした。慌ててカメラの設定を「発光禁止」にするのを忘れた。そんな理由でこんな「ホラー写真」みたいになってしまった。
実際のホウセキキントキの群れは”赤目”の群れではなかった。念のため。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2017.05.05 #623

撮影ポイント

小笠原 嫁島 コラールガーデン

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA