ハシナガウバウオ

スズキ目ウバウオ科ハシナガウバウオ属

【分布域】南日本の太平洋岸、伊豆諸島、琉球列島
【生息域】岩礁域やサンゴ礁域に生息。浅い岩の割れ目やガンガゼ類の側で見られることが多い。
【特徴】赤褐色の細長い体にごく細い白色(黄色)の縦のラインが吻から眼を通り尾鰭基底まで走る。左右体側と背中線に計3本。尾鰭中央には黄色い斑紋がある。ガンガゼ類の棘の間や周辺をホバリングするように泳いでいる。ウバウオ科の魚は岩などに吸着していることが多いが本種は常に遊泳している。体長は4〜5cmほど。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2018.06.14 #709

撮影ポイント

柏島 後浜No.3.5

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2021.06.11 #1009

撮影ポイント

柏島 民家下北北

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA