バンダイシモチ

スズキ目テンジクダイ科

2021.10.12:投稿



【分布域】小笠原諸島父島、屋久島、琉球列島。
【生息域】サンゴ礁縁の水深30m付近まで生息する。
【特徴】眼が大きく、その輪郭部が赤色で良く目立つ。頬部には二等辺三角形状の黒色斜帯がある。体側には輪郭が不明瞭な暗褐色の横帯が2本ある。尾柄部の暗褐色の横帯は不明瞭。日本では稀種。


2021.10.1の投稿「旅する図鑑」で取り上げた屋久島のガイド・至さんが作くってくれた「リスト」に本種はあげられている。しかし「バンダイシモチ(ナイト)」と書かれている。
様々な条件からナイト・ダイビングをするのは難しいと想像できた。図鑑にも「夜しか見たことがない」と書かれている。残念だが諦めなければならない状況だった。


ところが、2021年屋久島ツアーの初日1本目「いの一番」の被写体が本種バンダイシモチだった。

こんなサプライズなら大歓迎!
重複して書くが「日本では稀種」なのだ。嬉しい嬉しいmy新種。


上記【特徴】に書いた横帯はどれも不明瞭な個体ではある。
ナイトでなけれ横帯は不明瞭なのだろうか?それとも個体差なのか?その辺のことは定かではない。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2021.10.01 #1047

撮影ポイント

屋久島 一湊 タンク下

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA