アカオビコテグリ

スズキ目ネズッポ科

2022.7.18:投稿



【分布域】伊豆大島、静岡県下田、高知県勤崎、新潟県佐渡、島根県隠岐。
【生息域】岩礁周辺のガレ場や砂礫底で見られる。生息水深は20m前後。
【特徴】体色は赤色。雄の第1背鰭は大きく褐色の斑点が並ぶ模様がある。雌の第1背鰭は糸状に伸長する。臀鰭は褐色の斜めのラインが並ぶ。鰓の所に青色の月の輪斑紋がある。



「粘り勝ち?!」

本種アカオビコテグリの写真、つい数週間前に高知県柏島で撮った。

Q:「ねぇ、これ何だと思う?」
A:「ミヤケテグリでしょう」

この問答を数人と数回繰り返した。
「そうだよね!ミヤケテグリだよね」と同意する自分がいる。

しかし。
「何処がどうとは分からないけど、ミヤケテグリじゃない気がする」と納得しない自分もいた。

図鑑のネズッポ科のページを穴が開くほど眺めた。
結果、アカオビコテグリではないかと思い始めた。
自信はない。
識別ポイントになる背鰭が、写真の個体では横に閉じてしまっている。

行き詰まり、暫し放置する。


その後たまたま、ミヤケテグリの写真を見かけると、又思い出す。あの写真のあの子。


諦められない。モヤモヤと気持ちが悪い。
図鑑のミヤケテグリとアカオビコテグリの特徴を再度見直す。


ミヤケテグリ(雌)の背鰭には、閉じていても黒斑が確認できる場合が多い。(写真の個体には黒斑はない)

アカオビコテグリの臀鰭には暗褐色のラインがあるが、ミヤケテグリにはない。写真の子にはラインがある!


恐らく、写真の個体はアカオビコテグリであろうとの確証を持った。


自分なりの確証を掴んだところで、専門家や研究者達も集い、質問に回答してくれるFBのサイトに投稿した。

なんと!図鑑『海水魚1000』の著者から回答を頂いた!
「おおっ、アカオビコテグリですね。柏島にもいるんだ!」と。
*後日改めて「鰓のところの青い月の輪斑紋も特徴」とのコメントを頂いた。
有難い!そして判別し易くなった。(【特徴】にこの点を追記した)

無論、これは勝った負けたの勝負ではない!
が、”粘り勝ち”感満載!笑
こうしてまた、貴重なmy新種をゲット。


伊豆大島では普通に見られるが、それ以外では「稀」だそうだ(ニヤリ!)



参考写真:同じ時の同じ個体。
余り代わり映えのしない1枚。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

 

撮影ポイント

使用機材

SONY Cyber-shot (DSC-WX1)

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA