フエヤッコダイ

スズキ目チョウチョウウオ科

2021.8.16:投稿



【分布域】南日本の太平洋岸、八丈島、小笠原諸島、屋久島、琉球列島。
【生息域】水深が浅めの岩礁域やサンゴ礁域に生息する。亀裂や穴などに入っているところが見られる。海底付近を2〜3尾の小さな群れで泳ぐ。
【特徴】黄色い体色で臀鰭に黒色の円紋がある。頭部は眼より上部が黒色で下部は白色。長い吻が特徴的。この吻はサンゴの枝の間にいるゴカイ類や小型の甲殻類を捕食するのに適しているとみられる。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2015.09.20 #509

撮影ポイント

沖縄本島 万座 オーバーヘッドロック

使用機材

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ (M.60mm F2.8 Macro)

かれこれ9年も前の写真。
フィリピン  バリカサグ島 での1枚。

 

フエヤッコダイには直接関係ないが、フィリピン バリカサグでの色々な思い出が蘇る。

 

インストラクター・マイさんが引率で女性ばかり6人のツアー。
フィリピンでもマイさんは現地人に間違えられていたような記憶 笑
日焼けのせいかな?  笑

 

移動手段のタクシーはドアのないオープンタイプ。
ダイビングの船も他とは一味違った!   
揺れが少ない構造だとか。(参考写真)

 

海の中でも、他では見かけない魚との出会いがいくつもあった。
Springer Damselfish や Barhead Damsel や Two-spot Snapper など。
近々投稿しようと思う。

データ詳細

撮影日のアイコン

撮影日

2012.08.04 #294

撮影ポイント

Philippine Balicasag Island Divers Heaven

使用機材

Olympus XZ-1

コメント

※メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA